医者志望だった薬剤師にとっての病院からの求人

経験不足の薬剤師、、、転職は厳しい

経験不足の薬剤師、、、転職は厳しい / 経験を積みなおして再度転職にチャレンジ

大学受験の時点ではもともとは医学部志望で将来的には医者になりたいと考えていました。
しかし、いくら勉強しても医科大学や医学部に入学できるほどの学力がないとわかり、次善の策として薬学部を志望したのです。
薬剤師になれば医療現場で働くこともできるため、医師ではなくともやりたいことができるだろうと考えていました。
そして薬学部で勉強を始めてみると医薬品に対する興味も深くなっていき、就職のときには典型的な就職先である調剤薬局を選び、当初は満足の日々を過ごせたのは確かです。
しかし、だんだんとやはり医療現場に出たいと考えるようになりました。
患者に服薬指導をしても、本当に薬を正しく飲んでくれているかどうかもわからず、自分の果たしたはずの責任が本当に患者のためになっているのかと疑念を抱くようになったからです。
もっと積極的に医療に貢献したいと考えて病院からの求人を探すようになりました。
まだ若かったので今からならやり直せると考えていたのですが、転職に難航するとはその時点では思ってもいなかったのも事実です。
病院からの求人自体に数が少なかったので、思い立ったが吉日と考えて転職活動を始めました。
近くて通いやすそうな場所から順番に応募していきましたが、ことごとく断れてしまって、ついにはそのときに住んでいた地域で募集されていた全ての病院で不採用の結果になってしまったのです。
若いからやり直せるというのは自分の都合での考え方であり、まだ社会人になって調剤薬局で働いて1年にもなっていない自分には経験が不足していることが念頭になかったのがミスと言えるでしょう。
即戦力の薬剤師を求めているという事実を知ったのは全部不採用になって情報を集めてみたからですが、この状況では転職は難しいと理解して少し辛抱する決意をしました。
もう少し現場経験を積んで、胸を張って即戦力になれると言えるようになってからあらためて病院からの求人に応募しようと考えたのです。

薬剤師 求人 病院医療人材ネット