医者志望だった薬剤師にとっての病院からの求人

経験を積みなおして再度転職にチャレンジ

しかし、若いうちに転職したいというのも事実だったので、就職してから二年目の四月には新しい職場に就けるようにしようと決意して転職活動を地道に続けていました。
求人情報を集めたり、ノウハウを学んだりしてすぐに採用してもらえるための用意を整えておいたのです。
その努力を続けられるほどに医療現場で働きたいという気持ちが強く、一年近く続いた転職活動をやり通すことができました。
最終的には地元では採用してもらえなかったので、近隣県に引越しをして働くことになりましたが、期日を決めていたので引越しをするのにも躊躇せずに取り組めたのは良かったと感じています。
だらだらといつまでも転職活動をせずに、働き始める日も決めていたので集中できたのもメリットでしょう。
面接でも勤務開始日について聞かれたときに4月1日と明確に答えることができ、新入社員と同様のオリエンテーションを受けるのも了承する必要が生じるのも予想できていたので滞りなく質疑応答を行えました。
また、それに合わせて退職願も出して交渉をしていたので、3月末には引き継ぎも終えて問題なく新しい職場で働くことができたのです。
調剤薬局から病院に移ると仕事の半分は今まで通り、残り半分は病棟の仕事という感じでとても新鮮でした。
病棟での服薬指導が必ずあり、その指導結果が患者の容態としてはっきりと表れるのでやりがいがあります。
医者志望だった自分が仕事に求めていたのは、このような臨床現場での責任のある仕事とそれに対する応答の確認であり、確かにやりたい仕事ができるようになりました。
調剤薬局の仕事に限定せずに思い切って転職を決意したのは正解だったと言えるでしょう。

経験不足の薬剤師、、、転職は厳しい / 経験を積みなおして再度転職にチャレンジ